ヘッドライト デニムオーバーオール。。。

こんばんは、テンチョーシミズです。。。

今日は。。。

テンチョーシミズ大好きオーバーオールの紹介です。。。

DSC_0239_20150119191504450.jpg

ヘッドライト(HEADLIGHT) デニムオーバーオール \24800

東洋エンタープライズからヘッドライト(HEADLIGHT)の。。。

実名復刻オーバーオールが入荷してきました。。。

11oz.デニム オーバーオールです。。。

DSC_0242_20150119191506ce5.jpg

1940年~1950年代のオーバーオールで。。。

デザインは1940年代の同社のモデルを忠実に再現。。。

ジッパー付きポケットを胸当てに持つ『セーフデポジットポケット』は当時同社がパテントを取得していた機能的なデティールです。。。

DSC_0243_201501191915462ff.jpg

フロントの胸ポケットにはグリッパージッパーと。。。

HEADLIGHTのロゴ入りスナップボタンが使用されています。。。

DSC_0244_20150119191507859.jpg

フックとボタンで取り外し可能なショルダーストラップや。。。

運動性を高めるストラップ背面のロゴ入りゴムなど。。。

細部に至るまで再現されています。。。

DSC_0246_201501191915471a1.jpg

右側にツールポケット 左側にハンマーループ が付きます。。。

DSC_0247_20150119191549914.jpg

バックのゴム部分にはヘッドライトの文字がプリントされています。。。

DSC_0248_20150119191550884.jpg

・・・・・ヘッドライト(HEADLIGHT)ブランド説明・・・・・

1900年代初頭に誕生したヘッドライトは、シンシナティ、サンフランシスコに拠点を持つラーンド・カーター&カンパニーの1ブランドで、フラッシャーには機関車がヘッドライトの光を発しているデザインを採用している。このヘッドライトは主に鉄道員、機関士などに人気があり供給されていた。

50年代になると機能的な作りは完成の域に達し、オーバーオールのファスナー付きポッケットは特許をとるまでに至る。このころからクラウン・オーバーオールマニュファクチャリング社と提携し生産することになるが、60年代になるとカーハート社に吸収合併された後に消滅する。それから長い期間を経て現代に至ってもそのネームバリューは衰えず、コレクターの間ではメジャーなブランドである。



早速。。。

僕も着てみました。。。

DSC_0232_20150119191501906.jpg

シッカリした生地感で。。。

この無骨な感じがタマリマセンね。。。

でも、シルエットはスッキリ。。。

僕が着ているので32(L)サイズ。。。

サイズは、30(M)、32(L)サイズの2サイズが揃いました。。。

DSC_0237_20150119191502f2d.jpg

このバックシャンがめちゃカッコエエです。。。

ヘッドライト(HEADLIGHT)さんのオーバーオール。。。

お好きな方。。。是非!!

でわ!!


スポンサーサイト
19
2015

Comment

買いに行きたい~!
神奈川に居るのがもどかしい(/o\)
2015⁄01⁄21(水) 22:12 |

コメントありがとうございます

大谷さん。。。

コメントありがとうございます。。。
返信遅くなってすみません。。。
神奈川からいつもブログ見てもらって。。。
これからもお店もブログもより一層頑張って行きますので。。。
これからもブログチェック宜しくお願いします。。。
でわ!!(^^)V

2015⁄01⁄29(木) 19:38 |

Trackback

http://flyingfrogkobeabc.blog88.fc2.com/tb.php/1816-fd3fe5b3